勃起不全ってそもそも何?

勃起不全というのは男性のシンボルであるペニスが勃起しなかったり、勃起できてもそれが維持できない事を言います。

勃起不全でお悩みの方というのは、ストレスなど様々な原因によって増加の傾向にあります。統計学的に見ても1,000万人近くの人々が苦しんでいるとも言われています。

しかもさらに面倒なのが、人に相談するのが難しい内容なので医師への相談・診察に行っている人が少ないというのも問題解決に遅れをとる原因になっているんですね。

 

勃起不全はどんな原因で起こるの?

勃起不全というのは様々な原因で起こります。勃起不全は次のように分類されます。

精神的な原因がある場合(機能性ED)、身体に何らかの異常がある場合(器質性ED)、この2つが混ざった場合(混合性ED)、現在飲んでいる薬に原因がある場合(薬剤性ED)、病態がまだ明らかではない場合、に分類されるんですね。

 

精神的な原因がある場合(機能性ED)

不安やストレスなど精神的な原因で起こるケースが勃起不全の原因で最も多いと言われているんですね。現在の仕事への不安や家庭の経済事情でもストレスになってしまったり、対人関係が上手くいかない事や情緒の障害などでも精神的な負担が多くなり、勃起不全を招いてしまう事もあるんですね。

 

身体に何らかの異常がある場合(器質性ED)

中高年になると、身体に何らかの異常が出てきて勃起不全になるケースが増加してきます。主なものとしては、高血圧や糖尿病などの全身性の疾患、ペニス自体に問題がある、中枢や抹消の神経・全身や局所の血管・ホルモンなどの異常などになります。こういった事で勃起不全になる事があります。

 

機能性EDと器質性EDが混ざった場合(混合性ED)

精神的な原因(機能性ED)と身体的な原因(器質性ED)が混ざり合って勃起不全になる事もあります。しかし、厳密に言うと勃起不全というものはそもそも複数の原因が絡み合って起こるものなので、機能性EDや器質性EDが限定的に起こる方が少ないくらいなんですね。

 

現在飲んでいる薬が原因の場合(薬剤性ED)

勃起不全を引き起こす可能性がある薬というのが実はあるんですね。例えば、抗うつ剤・咳止め・胃潰瘍の薬・高血圧の薬などですね。自分の勃起不全の原因が良く分からなくて、しかも現在何らかのお薬を飲んでいるという方は1度医師や薬剤師に相談する事をオススメします。

 

その他にも勃起自体の障害ではないのですが、広い意味での勃起不全として、早漏・遅漏・逆行性射精などの射精に関する問題もあるんですね。

 

勃起不全の治療法って一体どんなものがあるの?

勃起不全の治療法というのは、一昔前まで中々効果的な方法がなかったのですが、最近になって治療効果が高い方法がどんどん開発されてきたんですね。勃起不全でお悩みの方にとっては非常に朗報ですよね。勃起不全の主な治療法をご紹介したいと思います。

 

心理療法(心理カウンセリング)

主に精神的な原因の勃起不全に対して行なう治療法で、心療内科・心理カウンセラーによって行なわれます。医師と患者の間に良い信頼関係を築きながら治療を行なうので、多少時間を要しますが、身体的には非常に安全な治療法です。

 

経口薬剤(飲み薬)

勃起不全の治療と言えばED治療薬というくらい現在ではスタンダードな治療法になります。副作用の可能性が若干あるものの勃起不全の症状を治療するという点では最も優れている治療法になります。安全性や経済的な観点から見ても勃起不全治療の第一候補に挙げられる方法になります。

 

陰圧式勃起補助具

陰圧式勃起補助具は、円筒の形をした筒の中にペニスを挿入して、これに陰圧をかけて吸引して、人工的に勃起を起こす器具になります。人工的に勃起させたペニスの根っこの部分にゴムバンドを装着させて勃起を持続させる事ができます。

 

陰茎締め付けバンド

勃起不全の中でも勃起が持続しない中折れの症状に対して効果が高いと言われているのが陰茎締め付けバンドによる治療法なんですね。日本では特に規制もなく雑貨として販売されているので、気軽に治療できるのも特徴ですね。

 

陰茎海綿体注射療法

バイアグラなどのED治療薬が登場する前は勃起不全の治療と言えば陰茎海綿体への直接注射法が主流でした。ただ有効性や副作用などを考慮すると、それほど効果が期待できないという事もあり、現在ではほとんど行なわれなくなりました。

 

尿道注入薬剤

この治療法はペニスの尿道に有効成分を注入する事によって、勃起を促してくれるものになります。しかし、有効性の確率は50%にも満たない上に副作用の症状もキツイものが多く、ムードもぶち壊しになるので、バイアグラの登場でほぼ出番が無くなりつつある状態なんですね。

 

陰茎プロステーシス移植手術

陰茎プロステーシス移植手術は、プロステーシスというシリンダーを陰茎海綿体の中に挿入する外科手術になります。どの勃起不全の治療が成功しなかったり、不可能だった時の最終手段として使う方法になります。手術ですので身体的な負担は非常に大きいです。

 

精力剤

精力剤を服用する事によって身体の健康を取り戻す事ができます。身体が健康になると結果的に勃起不全が治療できてしまうという事になるんですね。しかも現在ではバイアグラのような作用をするような精力剤もあり、勃起不全の根本的な治療法として今注目を集めております。

 

勃起不全の治療に満たすべき4つの条件とは??

勃起不全というのは病気ではありますが、勃起不全になったからと言って死ぬというものではありません。

そのため、治療を行なう時に命の危険があっては意味がないですよね。勃起不全の治療は安全性が第一に優先されなければならないんですね。

勃起不全に関する研究者の世界的研究団体として有名な国際インポテンツ学会は、勃起不全の治療に満たすべき条件として下記の4つを提唱しています。

有効性が高い!
安全性が高い!
使いやすい!
患者及びパートナーの満足度が高い!

この点から言うと、手術など身体への負担が大きい治療は最終的な手段で、できるだけ身体への負担が少ない(痛くないとか、副作用が少ないとか)治療を優先するべきなんですね。

それでなおかつ効果が高い治療法というのが、勃起不全において理想的な治療法になります。

 

勃起不全の根本的な治療法とは一体何?

それでは勃起不全の8つの治療法の中で、どれが最も効果的な治療法なのでしょうか?

勃起不全の根本的な治療法は心身共に健康を取り戻す事です。心身ともに健康な人が勃起不全になる事はまずありません。何故なら健康だからです。

勃起不全の8つの治療法を挙げさせて頂きましたが、どれも上記の4つの条件に当てはまりつつ、心身共に健康を取り戻せる方法は1つもありません。

しかし、精力剤のみが当てはまるんですね。

当然それぞれの勃起不全の治療法には一長一短があると思いますが、総合的にオススメなのが
精力剤で勃起不全を根本的に治療するという方法です。

 

精力剤で勃起不全を根本的に治療するメリット・デメリットとは?

精力剤以外での治療は勃起不全という症状そのものに対しては効果が期待できますが、根本的な治療かと言うとそうではないんですね。

勃起不全を根本的に治療するには身体の健康を取り戻す事が1番の近道です。

精力剤を継続して飲む事で身体を健康に取り戻して、結果的に勃起不全を治療する事が可能なんですね。

メリット

  • 基本的に副作用はない。

  • 勃起不全の治療以外にも健康維持や精力アップにも役立つ。

  • ED治療薬のような作用も期待できる。

デメリット

  • 即効性がない。

  • 継続して服用する必要がある。

  • 販売実績の少ないサイトで購入すると粗悪品の可能性が高くなるので健康被害のリスクがある。

 

勃起不全に効果が期待できる精力剤というのは現在多数の商品が発売されておりますが、粗悪品を購入して健康被害に合わないようにするには良いのでしょうか?

それは通販実績が多いサイトの精力剤を購入する事です。

これが勃起不全に効果が期待できる精力剤を通販で失敗せずに購入する方法なんですね。

  

そこで数多くある精力剤の中から、

口コミの評価が高くて、勃起不全治療効果が期待できる精力剤

を厳選してランキングにしました!